骨粗鬆症予防のための栄養素

老年

自分の足で動いて元気に過ごすためには健康な骨が欠かせません。

健康な骨づくりを怠ると、将来身体が弱ったときに介護の手を借りることになるリスクが高まります。

健康な骨づくりのためにどんな栄養を取ればよいのか調べてみました。

骨は生きている

私たちの身体のなかでは、古い骨を壊す(骨吸収)破骨細胞と、新しい骨をつくりだす(骨形成)骨芽細胞がはたらいています。

これによって骨はいつでも新鮮で、丈夫な状態に保たれてます。

カルシウムの働き

カルシウムは電解質のひとつで、神経や筋肉をスムースに働かせたりといった、生命の維持のために必要な働きをしています。

血中のカルシウムが減ると、破骨細胞は骨からカルシウムを溶かして血中に持ってくることで、血中カルシウムの量を保とうとします。

加齢と骨粗鬆症

加齢により、骨代謝のバランスが崩れると骨形成が骨吸収に追い付かなくなり、骨粗鬆症を起こしやすくなります。特に女性はエストロゲンが閉経により減少するので骨吸収が加速されます。

骨づくりのために必要な栄養素とは

カルシウム

カルシウムは骨の材料となるものです。

食品例)乳製品、小魚、木綿豆腐

ビタミンD

身体でつくられたビタミンD(太陽の光を浴びることで生成されます)が、腎臓や肝臓の働きで活性化されます。

活性化されたビタミンDはカルシウムの吸収を助けます

ということで、ビタミンDがない、もしくは活性化されないと、結果として骨がもろくなります。

食品例)鮭、秋刀魚、きくらげ、干し椎茸

ビタミンK

体内に取り込んだカルシウムを骨に沈着させます。

食品例)緑の野菜(小松菜、モロヘイヤ、ほうれん草)、納豆

普段の食事でこころがけること

日本人のカルシウム摂取量は基準より少なめになっているのが現状です。

普段の食事に納豆や、じゃこなどといった、カルシウムの多いものをちょっと一品追加する。こういったことで、摂取量を補うことができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました