精神保健福祉法について

未分類

精神保健福祉法(精神保健及び精神障碍者福祉に関する法律)とは

目的

法律は大雑把な目的を把握しておくのがまず大切です。

この法は、精神科の保健医療を行うことや、精神障害者の福祉(社会参加や自立の促進)の向上を目指してます。法律のネーミングのまんまです。

内容

・精神保健福祉センターの設置

精神障害に関する相談や知識の普及を行う精神保健福祉センターを都道府県が設置するように規定しています。

・精神障害者保健福祉手帳の交付

都道府県知事が行います。

精神障碍者保健福祉手帳は割と最近(平成7年)はじまった制度です。
障害者手帳は持っていると、税金が控除されたり、公共交通機関の運賃の割引が受けられたりと生活のゆとりを持たせてくれる便利なものです。

また、手帳を持つことで障害者雇用枠での就職の応募ができます。
従業員がある程度多くいる企業(100人以上)は障害者を一定数雇わないといけないと国が義務付けているのですが、その雇用枠に応募できるため、これによって就職とそれに伴う社会参加がしやすくなります。

・入院形態を規定

看護師国家試験に再頻出なのが入院形態。任意入院や医療保護入院等ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました