WHOの「国際的な公衆衛生上の緊急事態」宣言

公衆衛生

中国湖北省武漢市を中心に新型コロナウイルスによる肺炎が拡がっています。

このように世界中に拡がりかねない重大な感染症に対してWHO(世界保健機関)は「国際的な公衆衛生上の緊急事態」宣言を出すことがあります。

「国際的な公衆衛生上の緊急事態」宣言 が出ると何が変わるか?

WHOで緊急事態と判断されると日本でも厚生労働省により、コロナウイルスによる肺炎を感染症法での「指定感染症」とされる可能性があり、「指定感染症」となると、患者の強制入院や就業の制限が可能となります。

そうすることで、強制的に患者さんの半ば隔離状態にできるということなんですね。

コロナウイルスによる肺炎は飛沫により感染が広がっていきますので、罹った患者さんがうろうろ出歩く→ゴホンゴホン咳する→周りのひとが吸い込む、もしくは飛沫がかかった手すり、ドアノブとか触ってそれを鼻、口にもっていって体内に入れる

という流れでどんどん感染が広がっていくのを防いでいくことができるわけですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました