【看護師国家試験】問題の種類と学習方法について考えてみる

看護師国家試験

看護師国家試験問題のパターン分け

試験問題は大体3つのパターンに分かれます。

1.過去問のまんま問題(もしくは常識問題)

たとえば、109回の必修問題

[問題3] 介護保険の第2号被保険者は、( )歳以上65歳未満の医療保険加入者である。( )に入る数字はどれか。

1.30  2.40  3.50  4.60

過去(最近5~6年)には一般問題で

第108回 介護保険の第1号被保険者で正しいのはどれか。

  • 1. 介護保険料は全国同額である。
  • 2. 介護保険被保険者証が交付される。
  • 3. 40歳以上65歳未満の医療保険加入者である。
  • 4. 介護保険給付の利用者負担は一律3割である。

第103回 介護保険の第1号被保険者について正しいのはどれか。

  • 1. 予防給付対象者は要介護1である。
  • 2. 保険料は所得段階別の定額である。
  • 3. 医療保険者が保険料を徴収する。
  • 4. 対象は60歳以上である。

また、必修問題で

第106回 介護保険法で第1号被保険者と規定されているのはどれか。

  • 1.45歳以上
  • 2.55歳以上
  • 3.65歳以上
  • 4.75歳以上

↑の必修問題を解いて覚えれば確実に得点できます。

このようなものが過去問のまんま問題ですね。正答率も90~99%程度になるものです。

もちろん試験までにはほぼ絶対に暗記していかないといけません。

2.過去問をちょっとひねってる、アレンジ加えてる問題

3.項目は過去問にあるが、ほぼ新作といっていい問題

例外 マニアックすぎ問題

コメント

タイトルとURLをコピーしました