消化管【確認テスト】【答えあり】

テスト

口腔

・口腔には( 耳下 )腺、( 顎下 )腺、( 舌下 )腺があり、唾液を分泌する。

・唾液には、粘り気を加えてモノを食べやすくする( ムチン )や、消化酵素でデンプンを二糖類に分解する( αアミラーゼ、プチアリン )、殺菌作用のある酵素である( リゾチーム )が含まれる。

嚥下

・嚥下の過程は口腔相、( 咽頭 )相、食道相の3つに分けられる。

・咽頭相では、食塊が咽頭に触れることで延髄の嚥下中枢が刺激され、反射的に嚥下運動がおきる。( 軟口蓋 )が咽頭の後ろに押し付けられ咽頭と鼻腔の間が遮断される。また、( 喉頭蓋 )が気管の入り口を閉鎖する。これらがスムースに動くことで誤嚥することなく食事ができる。

食道

・食道は、長さ( 25 )cm程度の管である。

・食道の粘膜は( 重層扁平 )上皮でおおわれる。

・食道は( 蠕動 )運動により食塊を胃に送る。

・食道には3つの狭窄部があり、( 食道入口部 )( 気管分岐部 )( 横隔膜貫通部 )である。

・胃の食道側を( 噴門 )、十二指腸側を( 幽門 )という。

・胃の大きくふくらんだ本体部分を( 胃体 )、胃の上端で左側に盛り上がった部分を( 胃底 )という。

・胃の幽門では輪走筋が発達して( 幽門括約筋 )を形成し、十二指腸への食物の移送の調節をしている。

・胃壁は粘膜、平滑筋層、( 漿膜 )の3層からなる。

・胃粘膜の表面には胃腺の開口部である胃小かが多数みられる。

・胃腺には、粘液を分泌する( 副 )細胞、ペプシノゲンを分泌する( 主 )細胞、塩酸、内因子を分泌する( 壁 )細胞がある。

・ペプシノゲンは塩酸の作用により( ペプシン )という蛋白質分解酵素になる。

・胃液の分泌は消化管ホルモンである( ガストリン )により促進される。

小腸

・十二指腸は長さ25㎝ほどの管である。


・胆管と膵管は合流して十二指腸( 下行 )部に開口する。開口部には( オッディ括約筋 )があり、( 大十二指腸乳頭 )とよばれるでっぱりとなる。

・小腸の内面には突起やヒダがあり、表面積が広い。

・粘膜は円周上に盛り上がり( 輪状ヒダ )を形成し、粘膜の表面には( 腸絨毛 )がはえている。腸上皮細胞は微絨毛をもち( 刷子縁 )を形成する。

・小腸は栄養の消化と吸収をおこなうが、消化管の内容物に対する免疫のはたらきも重要である。小腸粘膜にはリンパ節が多数あり、これらが特に多く集まったところは( パイエル板 )とよばれる。 

大腸

・結腸では、縦走筋が三か所に集まって( 結腸ひも )を形成する。

・結腸ヒモの間の部分は外にふくれだして( 結腸隆起 ハウストラ )となる。

・食事をすると大腸の蠕動運動が亢進するがこれを( 胃大腸反射 )という。食後に便意を感じるのはこのためである。

コメント

タイトルとURLをコピーしました