腎臓【確認テスト】

テスト

腎臓の構造とネフロン

・腎臓の形は(  )によく似ている。

・腎臓はその位置から(  )臓器といわれる。

・右腎は左腎よりも1~2cm(  )位置にある。

・腎の重さは約100g、長さ約10㎝、幅約5㎝、厚さ約3.5㎝である。

・腎門に出入りする管は、腎動脈、腎静脈、(  )である。

腎の内部構造

・腎臓は主に3つの構造からなり、最外側を(  )という。深部を(  )という。尿を集める部分は(  )である。

・腎動脈は細かく分岐して毛細血管の塊をつくる。これが(   )とよばれる血管である。この毛細血管は合流して、再び分岐し尿細管を取り巻く。

・尿が排出される腎臓の中の部分を(  )といい、これは尿管に続く。

ネフロン:尿生成の単位

・尿は血液からつくられる。

・腎臓での尿生成は(    )と(  )と(  )によって行われている。

・(  )と(  )をあわせて腎小体という。

・尿細管は、近位尿細管、ヘンレループ、遠位尿細管にわけられる。

・糸球体から尿細管までのひとつの管を(   )とよぶ。これは、腎臓の最小機能単位で、片腎で約100万個存在する。

・尿生成は糸球体での(   )と尿細管での(   )の主に2段階で行われる。

糸球体

・糸球体で血液の成分が(   )されるが、これを原尿(濾液)という。次に尿細管では、この原尿を吸収し、尿を生成する。いったん濾過したものを再び吸収するので、これを(  )とよぶ。

※濾過とは、液体などをこして、ごみを取り除くことである。コーヒーを入れる時、紙のフィルターなしに挽いた豆に直接お湯をそそいだらどうだろう。飲むときに豆のカスまで口に入ってきて、とても飲めたものじゃない。そこで紙のフィルターで豆は取り除いて、純粋なコーヒーの液体成分だけを濾過するわけである。

・糸球体では、小さい物質のみが濾過される。糸球体は細かい穴がたくさん開いた血管で、まるでザルのようだ。ここで濾過されるかどうかは血液のなかの物質の大きさによる。

・血液の成分で糸球体で濾過されないのは、血液のなかでも特に分子量が高い、つまり大きいものである。濾過されないものの代表は(  )と(  )である。

※水の分子量が18。これに対してアルブミンや赤血球は何万と、桁違いに大きい。

・糸球体濾過に必要な力は(   )である。糸球体のザルの網の目をくぐり抜けさせる力が(   )。

尿細管

・尿細管での(  )

・再吸収されるものは、ほとんどの成分である。(ほぼ全くといっていいくらい)再吸収されないものが唯一つあって、それが(  )である。

・再吸収量が最も多いのは尿細管のうち(  )である。

尿の濃縮

・腎臓は身体に水分が不足していると(  )尿を生成し、体液量が過剰になると(  )尿を生成する。

・尿量と尿の濃さを調節し、からだのバランス(水分量、電解質、酸・塩基)を一定に保つ

・尿の濃縮は主に髄質(ヘンレのループ)でおこなう。

血圧の調節

・糸球体濾過は(  )によって行われる。

・腎疾患は(   )を合併しやすい。腎機能が下がると濾過効率が下がるため、それを代償しようとするためである。

腎臓が分泌するもの

・腎は尿をつくる以外に(  )(   )(  )の3つを分泌する。

レニン

・腎は昇圧に関係する(  )を分泌する。

・この分泌は(  )の低下時に促進される。

・腎臓から分泌されるレニンをきっかけに、アンジオテンシン、アルドステロンが働くことで昇圧作用をもつ。

・レニン・アンジオテンシン・アルドステロンの働きを邪魔すれば、血圧が下げられることになる。これは高血圧の治療に用いられる。

・ACEI・・・カプトプリル(カプトリル)、エナラプリル(レニベース)

副作用 ( 空咳  )が多い

ARB・・・ロサルタン(ニューロタン)、バルサルタン(ディオバン)、カンデサルタン(ブロプレス) 腎保護作用、心保護作用、動脈硬化抑制

レニン阻害薬・・・アリスキレン(ラジレス)

抗アルドステロン薬・・・カリウムを排泄することなく利尿作用を示す。スピロノラクトン(アルダクトンA)

エリスロポエチン

・腎は(  )生成に関わるエリスロポエチンを分泌する。

・エリスロポエチン分泌は、(  )時に促進される。

活性型ビタミンD

・腎は(  )の吸収を助ける活性型ビタミンDを分泌する。

腎機能

・腎機能を最も正確に反映する検査は(  )である。ただし、測定が煩雑なため(  )や、もっと簡便な(  )で代用されることが多い。

・これらの基準値は(  )mL/分である。

・また、腎機能を反映するものとして血清(  )や血清(  )もよく用いられる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました