内分泌【確認テスト】【答えあり】

テスト

内分泌とホルモン

・血液に合成したものを分泌することを( 内分泌 )といい、体表や消化管へ消化液などを分泌することを( 外分泌 )という。

・内分泌細胞は細胞内でホルモンを合成し、これを血管内に放出する。ホルモンは血流により運ばれ標的細胞に作用する。

ホルモンの化学構造

・アミノ酸がつながったペプチドからなるホルモンをペプチドホルモンという。

・コレステロールから合成されるのが( ステロイド )ホルモンである。( 副腎皮質 )ホルモンや性ホルモンがこれにあたる。

・アミノ基をもつホルモンをアミノ酸誘導体ホルモンという。

全身の内分泌腺

・内分泌の中枢は( 視床下部 )と( 下垂体 )である。

・視床下部は下垂体前葉を( ホルモン )により調節し、下垂体後葉を( 神経 )により調節する。

視床下部

・視床下部ホルモンは、下垂体前葉に作用して前葉の機能を調節する。

下垂体前葉

成長ホルモン

・骨端軟骨の形成を促進し骨を( 成長 )させる。

・タンパク質の同化が促進され筋肉などの肥大がおこる。

・肝臓のグリコーゲン分解により( 血糖値 )が上昇する。

プロラクチン

・( 乳汁産生 )を促進する。

甲状腺刺激ホルモン 副腎皮質刺激ホルモン

それぞれ甲状腺、副腎皮質を刺激することでホルモン分泌を促進させる。

性腺刺激ホルモン

・性腺刺激ホルモン( ゴナドトロピン )はFSHとLHのことである。

FSH(卵胞刺激ホルモン)

・女性では( 卵胞の発育 )を促進する。

・男性では( 精子形成 )を促進する。

LH(黄体形成ホルモン)

・女性では( 排卵を誘発 )し、黄体を形成する。

・男性では精巣からの( テストステロン )分泌を促進する。

下垂体後葉

バソプレシン(抗利尿ホルモン)

・血漿浸透圧が( 上昇 )したり、循環血液量が( 減少 )するなどし、血圧が低下するとバソプレシンが分泌される。

・バソプレシンは、腎臓の集合管に作用して水の再吸収を促進し、尿量を( 減少 )させる。

・バソプレシンは、血管平滑筋に作用して血管を( 収縮 )させる。

オキシトシン

・オキシトシンは( 子宮収縮 )作用と( 射乳 )作用をもつ。

甲状腺

・甲状腺は気管の前面にあり、蝶のような形をしている。

・甲状腺の組織は、( 濾胞 )という袋が集まって形成される。甲状腺ホルモンは、材料として取り込まれた( ヨウ素 )と濾胞細胞で合成した( サイログロブリン )からつくられる。

・甲状腺ホルモンにはT3とT4がある。

・甲状腺ホルモンの分泌は、下垂体前葉の( 甲状腺刺激ホルモンTSH )によって促進される。

・甲状腺ホルモンはほぼ全身の臓器に作用し代謝を( 亢進 )させる。

・甲状腺の傍濾胞細胞は、( カルシトニン )を分泌する。これは血漿( Ca )濃度の上昇を抑える。

副甲状腺

・副甲状腺からは( 副甲状腺ホルモン パラソルモン)が分泌される。これは血漿Ca濃度を( 上昇 )させる。

膵臓

・膵臓の内分泌部は( 膵島 ランゲルハンス島 )とよばれる。

・A(α)細胞は( グルカゴン )を分泌する。

・B(β)細胞は( インスリン )を分泌する。

・D(δ)細胞は( ソマトスタチン )を分泌する。

・インスリンは肝臓や筋肉の細胞に( グリコーゲン )を合成させる。

・インスリンは脂肪細胞での脂肪合成、肝臓や筋でのタンパク質合成を( 促進 )する。

副腎皮質

・外側の球状帯から( アルドステロン )、中間の束状帯から( コルチゾール )、内側の網状帯から( アンドロゲン )が分泌される。

・副腎皮質ホルモンは( コレステロール )から合成され、ステロイドとよばれる。

糖質コルチコイド コルチゾール

・コルチゾールは( 糖新生 )により血糖値を上昇させる。

・肥満細胞からの( ヒスタミン )放出の抑制などにより、抗( 炎症 )作用をもつ。自己免疫疾患や炎症の治療に薬物として使用されるのは、この作用のためである。

・ストレス耐性を上昇させる。

・好中球の遊走を抑えるなどの作用をもつため、( 免疫 )機能が抑制される。

・中枢神経系に作用し、コルチゾール過剰では( 多幸感 )や活動性亢進、コルチゾール不足では不安、抑うつなどがみられる。

・骨吸収を( 促進 )する。

電解質コルチコイド アルドステロン

・腎臓の集合管に作用し( ナトリウム )の再吸収と( カリウム )排泄を促進する。

・( ナトリウム )の再吸収により循環血液量が( 増加 )する。

男性ホルモン(アンドロゲン)

・女性における男性ホルモン分泌の主となる。

副腎髄質

・副腎髄質は、( 交感 )神経の節後線維が変化したものである。

・副腎髄質ホルモンは( 交感 )神経の伝達物質と同じ構造をもつ。

・副腎髄質ホルモンはカテコールアミンである( アドレナリン )や( ノルアドレナリン )である。

・カテコールアミンは、心機能の( 亢進 )や血糖値の( 上昇 )作用がある。

性腺

・性腺とは( 精巣 )と( 卵巣 )のことである。

・下垂体前葉からの( FSH )と( LH )の刺激により、精巣から( テストステロン )が分泌され、卵巣から( エストロゲン )や( プロゲステロン )が分泌される。

腎臓

・腎臓から( エリスロポエチン )が分泌され、赤血球生成を促進する。

消化管

・胃から( ガストリン )が分泌され胃液分泌を( 促進 )する。

・十二指腸から( セクレチン )が分泌され、電解質の豊富な膵液分泌を促進する。

・十二指腸から( コレシストキニン )が分泌され、消化酵素の豊富な膵液分泌を促進する。

コメント

タイトルとURLをコピーしました