筋と運動【確認テスト】【答えあり】

整形外科

骨格筋と運動

筋肉についての確認問題を作成しました。穴埋めに入る語句を繰り返し解いて覚えましょう。問題は↓

筋組織

・筋組織は、横紋筋と平滑筋に区分され、横紋筋は( 心筋 )と( 骨格筋 )に分けられる。横紋筋は、筋線維のなかに縞模様があるのが特徴である。

・内臓や血管の壁を形成するのは( 平滑 )筋である。

・骨格筋は運動神経の支配を受け、意志によって収縮や弛緩ができることから( 随意 )筋とよばれ、それとは異なる心筋と平滑筋は( 不随意 )筋と呼ばれる。

骨格筋

骨格筋は骨格と軟骨や皮膚につく筋も含まれるが、ここでは狭義の骨格筋、すなわち関節をはさんだ骨と骨の間をつなぎ、関節運動に働く筋について確認する。

・筋の両端のうち、身体の中心に近い(もしくは動きの小さい)側を( 起始 )という。中心から遠い(動きの大きい)側を( 停止 )という。

・筋の起始側を筋頭、停止側を筋尾、両者の間を筋腹という。

・同じ間接に対して複数の筋がはたらく場合に、同方向に作用するものは協力筋、反対方向に作用するものは( 拮抗 )筋という。

骨格筋の神経支配

骨格筋は、中枢神経からの指令により収縮する。

・骨格筋を支配する運動神経の線維は、筋線維の中央付近に付着して終わるが、これを( 神経筋接合部 )という。ここでは神経伝達物質の( アセチルコリン )が筋線維を興奮させる。

・骨格筋には( 筋紡錘 )という伸縮センサーがついている。これにより筋の張力を感じ取ることで、筋の収縮力を反射的に調節できる。これを検査で利用したのが( 腱反射 )である。

・特に膝蓋腱を弛緩させた状態で打腱器で叩くと( 大腿四頭筋 )が収縮し膝関節が( 伸展 )する膝蓋腱反射の検査は重要である。腱反射が低下する代表的な疾患には( 脚気 )があり、これは( ビタミンB1 )欠乏により心不全や末梢神経障害をきたす疾患である。

関節とそれを動かす筋 ※最低限覚えておきたいもの

肩関節
  • ( 大胸 )筋:内転・内旋・屈曲
  • ( 三角 )筋:伸展・屈曲・外転・内旋
肘関節
  • ( 上腕二頭 )筋:屈曲
  • ( 上腕三頭 )筋:伸展
股関節
  • ( 中殿 )筋:外転・内旋
  • ( 大殿 )筋:伸展
  • ( 大腿四頭 )筋:屈曲
  • ( 腸腰   )筋:〈より深めの〉屈曲
膝関節
  • ( 大腿四頭 )筋:伸展
  • ( ハムストリング ):屈曲
足関節
  • ( 前脛骨 )筋:背屈
  • ( 下腿三頭筋〈腓腹筋・ヒラメ筋〉)筋:底屈

 

頭部の筋

咀嚼筋は下顎骨に停止する。

・( 側頭 )筋、( 咬 )筋、外側翼突筋、内側翼突筋がある。

表情筋のうちいくつか

・( 眼輪 )筋:眼瞼を閉じる。

・( 口輪 )筋:口唇を閉じたり、口先を尖らせたりする。

筋の収縮

・筋収縮のエネルギーはATPの( 分解 )による。

・( アクチン )フィラメントが( ミオシン )フィラメントの間に滑り込んで収縮する。

コメント

タイトルとURLをコピーしました