神経系【確認テスト】【答えあり】

テスト

神経細胞

・神経組織は神経細胞であるニューロンと支持細胞で構成される。

・ニューロンは木の枝のような( 樹状突起 )と1本の( 軸索 )をもつ。

・軸索は( 髄鞘 )で覆われることがあり、これがある神経では( 跳躍 )伝導により極めて速く情報を伝えることができる。

・軸索の先端は、次の細胞などとの間に、( シナプス )という接合部分をつくる。軸索の先端の神経終末にはシナプス小胞があり、そこには( 神経伝達物質 )が含まれる。

・代表的な神経伝達物質である( アセチルコリン )は副交感神経、交感神経の節前線維、運動神経などから放出される。

・交感神経の節後線維からは( ノルアドレナリン )が放出される。

・支持細胞は( グリア 神経膠 )細胞とよばれ、アストロサイトやミクログリアがある。

神経系の構造

・神経系は( 中枢 )神経と( 末梢 )神経に区分される。

・末梢神経には( 脳神経 )12対と( 脊髄神経 )31対がある。

中枢神経

・脳の大部分は( 大脳 )で、左右の大脳にはさまれた部分は( 間脳 )とよばれる。

・脳の基軸となるのが( 脳幹 )で、その後方に( 小脳 )がある。

・脳幹は上から( 中脳 )( 橋 )( 延髄 )にわかれ、脊髄へとつながっている。

脳幹

・脳幹は( 生命維持 )に不可欠な中枢である。

・脳幹は( 反射 )の中枢であり、光をあてると瞳孔が縮小する( 対光 )反射や、近くを見るときに寄り目になり瞳孔が縮小する( 輻輳 )反射は中脳が中枢となっている。

・延髄の網様体には( 循環 )・( 呼吸 )・消化や排尿に関する中枢があり、この部位の障害は生命の危機をもたらす。

小脳

・小脳は感覚情報を統合して( 運動 )を調節する。

・小脳は身体の( バランス 平衡 )をとる働きがある。

間脳

・間脳は左右大脳半球の間にあり、( 視床 )や視床下部などから構成される。

・間脳の前下方には( 下垂体 )が位置する。

・感覚の多くは、( 視床 )で中継されてから大脳皮質の感覚野に送られる。

・視床下部は( 自律 )神経系の中枢がある。

・視床下部は生存に不可欠な( 本能 )行動や情動行動を支配し、性中枢や、( 摂食・満腹 )中枢、( 飲水 )中枢、内分泌の中枢などがある。

・視床の上部には松果体があり、( メラトニン )を産生する。

大脳

・大脳表面は神経細胞体があつまる灰白質でおおわれていて、( 大脳皮質 )とよばれる。

・大脳の正中には( 大脳縦裂 )という深い溝があり、左右の大脳半球を隔てる。

・大脳半球の深部を( 大脳髄質 )という。ここは神経線維があつまるため白っぽく、白質ともよばれる。

・大脳髄質の中で神経細胞体があつまる場所は( 大脳基底核 )といい、運動の制御にはたらく。

大脳皮質

・大脳新皮質は大脳の表面の大部分を占めており、ヒトがヒトらしく思考し行動できるのはこの部位のはたらきによる。

・大脳古皮質は大脳半球の内部に位置し、間脳とともに本能や情動の中枢となる。ヒトでは新皮質が発達し中心となり、周辺に追いやられたため( 辺縁系 )とよばれる。

・思考や理性、人格、社会性などに関わるのは( 前頭 )葉にある。

・運動を支配する中枢は( 前頭 )葉にある。

・感覚の中枢は( 頭頂 )葉にある。

・視覚の中枢は( 後頭 )葉にある。

・聴覚の中枢は( 側頭 )葉にある。

・物の位置や左右の認識の中枢は( 頭頂 )葉にある。

・発語させる中枢の運動性言語野は( 前頭 )葉にある。

・言語の理解をする感覚性言語野は( 側頭 )葉にある。

コメント

タイトルとURLをコピーしました