感覚器系 解剖 【確認テスト】【答えあり】

テスト

感覚器

感覚の種類

・頭部にある特別に発達した感覚器官で感じとられる感覚を( 特殊 )感覚という。視覚・嗅覚などである。

・便意や内臓通などの内臓領域で感じ取られる感覚を( 内臓 )感覚という。

・皮膚や筋、骨などで感じ取られる感覚を( 体性 )感覚という。深部感覚もこれに含まれる。深部感覚とは( 位置 )覚と( 振動 )覚のことである。

・眼球の壁は3層構造である。

・角膜や水晶体は血管を含まないため透明である。

・角膜は感覚神経が豊富で、刺激があると反射的に眼瞼が閉じる。これを( 角膜 )反射という。

・( 虹彩 )は瞳孔を取り囲み、瞳孔の大きさを調節できる2種類の平滑筋が含まれる。( 瞳孔散大筋 )は収縮すると瞳孔を拡げ、( 瞳孔括約筋 )は収縮すると瞳孔を狭くする。

・水晶体はレンズで、厚さを変えることで遠近調節できる。遠くをみるときは( 薄く )なり、近くをみるときは( 厚く )なる。加齢により水晶体は硬くなる。また水晶体が白く濁る( 白内障 )になることもある。

・血管のない角膜や水晶体は( 眼房水 )によって栄養される。

・眼房水は( 毛様体 )で産生され、( シュレム管 )から吸収される。眼房水には眼圧によって眼球のかたちを保つ働きもある。

・光信号を神経情報へと変換し視覚を感じ取る細胞が( 網膜 )にある視細胞である。視細胞には、色を判別する( 錐体 )と、明暗を判別する( 杆体 )がある。杆体は( ロドプシン )という感光色素をもつが、これはビタミン( A )からつくられた物質を含む。

・音を鼓膜まで伝えるのが( 外耳 )、鼓膜の内側の空洞を( 中耳 )、音や平衡を感じとるのが( 内耳 )である。

・中耳にある空洞(鼓室)には( 耳小骨 )が3つ含まれる。鼓室は( 耳管 )によって咽頭につながり、気圧の調整ができる。

・空気の振動として鼓膜へと伝わった音は、耳小骨を介して内耳の( 蝸牛 )へ伝わる。

・内耳の( 前庭 )は頭の傾きを感知する。

・内耳の( 三半規管 )は回転を感知する。

味覚

・味覚の情容器は( 味蕾 )とよばれる。

嗅覚

・鼻腔にある嗅上皮の嗅細胞がにおいを感知する。

・嗅覚は、1つのにおいについて短時間で( 順応 )する。一方で、痛覚は( 順応 )しにくいのが特徴である。

コメント

タイトルとURLをコピーしました